[公開研究会]二木 立(前日本福祉大学学長、同名誉教授)「コロナ危機が日本社会と医療・介護・社会保障に与える影響」

Description

どう変わる?新型コロナウイルス危機後の医療・介護・社会保障。視点を未来に向けてみます。

 政治経済研究所は、研究活動を通じて、自由で公共性のある討論の場の形成を目指す公益財団法人です。2020年度第2回公開研究会では、コロナ危機以降の医療・介護・社会保障改革に迫ります。
 
 報告者の二木立氏は、医師であり、医療経済・政策学を専門とする研究者です。2017年まで日本福祉大学学長を務められ、現在でも精力的に医療改革に対する分析・提言を行っています。

 新型コロナウイルスへの対策については、短期的な視点に基づく議論が大方を占めています。しかし、私たちの社会の将来を考えるためには、それに加えて、中・長期的で複眼的な視点で医療・介護・社会保障を分析することが不可欠です。二木氏が今回報告するのは、まさにその領域です。

 二木氏とともに、議論しましょう!

▼日時
2020年9月28日(月)14時00分~15時30分

▼参加費(最下段の「申込み方法」をご参照ください)

500円

▼会場
オンライン

▼主催

公益財団法人 政治経済研究所


▼報告者

二木 立

医学博士(東京大学、1983年)博士(社会福祉学(日本福祉大学)、2007年)
2017年4月 - 現在 日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 特別任用教授 (前学長)
1985年4月 - 現在 日本福祉大学赴任

2013年-2017年 日本福祉大学 日本福祉大学 学長
2009年-2013年 日本福祉大学副学長・常任理事
2007年-2009年 日本福祉大学大学院福祉社会開発研究科長
2005年-2009年 日本福祉大学大学院委員長
2003年-2008年 日本福祉大学COEプログラム・拠点リーダー
2003年-2005年 日本福祉大学社会福祉学部長
1999年-2003年 日本福祉大学大学院社会福祉学研究科科長
1992年-1993年 UCLA 公衆衛生学大学院 客員研究員
1975年-1985年 代々木病院理学診療科 (リハビリテーション科) 科長, 同病院病棟医療部長・救急医療部長、 同財団理事
1974年-1975年 東京大学医学部附属病院リハビリテーション部 医員
1972年 東京医科歯科大学 医学部 卒業


▼参考資料
①『コロナ危機後の医療・社会保障改革』(勁草書房,2020年9月15日発行)
②『二木立の医療経済・政策学関連ニューズレター』(総研いのちとくらしHPより)
勁草書房から出版された著書一覧

【申込み方法】
1)チケットを購入いただく
Peatixの「チケットを申し込む」(右上の黄色いボタン)から参加チケットを購入してください。

2)メールでオンライン研究会の参加方法を受け取る。
チケットをお持ちの皆様へ、9/27(日)の夜にメールにて研究会に参加するためのアクセス情報および資料をお送りします。本研究会は「Zoomビデオウェビナー」を利用しています。Zoomをお使いいただいたことがない方は、アプリケーションを事前にインストールしていただくとスムーズです。(PCで参加する場合は、アプリをインストールすることなく参加することも可能です)。

【その他】
※ウェビナー(Web上で行うセミナー)形式のため、 参加者の皆様のお顔や声は映りませんので周りの環境を気にすることなくお気軽にご参加いただけます。
※研究会中はQ&A機能やチャット機能でご質問をしていただけます。
※チケットご購入後のキャンセルは承っておりませんことを予めご了承願います。

Mon Sep 28, 2020
2:00 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費 ¥500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Sep 27, 2020.

Organizer
公益財団法人 政治経済研究所
8 Followers

[PR] Recommended information